食物治癒料理研究所  豆乳ラーメン専門店「豆禅」

Food cure cuisine Laboratory TowZen


思惟て言うなら食物治癒料理研究所とは、食べることへの執着やこだわりを捨て、地球環境や未来の理想の食事の在り方を模索している人の集う場所です。

 

マヤ暦の日々の意味と精進食を意識し、自分の行動や思考の変化を感じるようにすると、やがて自分自身と環境や人間関係のシンクロニシティーが始まり、おどろくほど連続で起きます。

 

マヤ暦には、調波と言う

4週間の周期があります。

1ヶ月が4週間で28日というサイクルです。

 

第一週が赤、創始の週、何かを始める週です。

 

第二週が白、洗練の週、物事を洗練する週です。

 

第三週が青、変容の週、変化をつける週です。

 

第四週が黄、熟成の週、完成させる週です。

 

 

第一週、創始の週、何かを始める週とは?

 

徐々に動物性の食品類や、化学調味料など、 
少しでも地球の環境によくないと思われる物を 
やめていく意識を上げていく週です。 

無駄をなくす努力を、今までよりちょっびっとやってみる週です。 
環境に対して良い事を今までよりちょっびっとやってみる週です。 
肉だけでなく、体に悪そうなものを意識して減らし、 
時には自分の体にとっていいものを食べ、 
時には地球の環境にとっていいことをして下さい。

 

食物治癒では第一週目にあたり精進を意識し始めて実践して下さい。 

鳥獣食や体に悪そうなものを避け、持っている分があれば費する。といっても、自分の出来る範囲でやり始めます。例えば最近大豆タンパクの食材と余りもの食材を使ってチンジャオロースを作ってみたり、いろんな野菜や要らない食べ物をライスペーパーで生春巻きにしてゴマだれなどで食べてみたり。買い物に行っても肉や体に悪そうなものは一切買わないようにしてみたり、冷凍などして保存しておいた食材や、すでに買ってしまってたレトルト、インスタント、缶詰、食品添加物まみれっぽい食品をすべて消費して無くしていくようこころがけましょう。 

 

すでに出来ている人はその上のレベルを目指しましょう!


重層で体を洗ってみよう!重層は超微粒子なため研磨作用があり汚れとくっつくことによって溶けてなくなります。手のひらにとり、水で少しのばして体や頭のすみずみにこすりつけることによって、体を洗うのですが、指先に感じる微粒子の量で感覚的によく汚れている部分を感知できるようになってきた気がします。特に歯磨きを指でするとよくわかります。 

やっぱりダシは…、いくら自然食品店とかで買った食品添加物を一切使ってない安心なものだったとしても、お湯を入れたら出来上がる魔法のような仕掛けを使って作る料理には心がこもってない気がするので、あんまり使いたくありませんね。 

第二週が白、洗練の週、物事を洗練する週です。

 

執筆中~しばらくお待ちください。

 

第三週が青、変容の週、変化をつける週です。

 

執筆中~しばらくお待ちください。

 

第四週が黄、熟成の週、完成させる週です。

 

 

執筆中~しばらくお待ちください。

 

 

 

 

 

~つづきはマヤ暦勉強会にて~